FC2ブログ

Entries

「第15回 大成食品 七夕の集い」が開催されました!

東京中野の老舗製麺会社 大成食品株式会社は、


2001年から毎年7月に「大成食品 七夕の集い」と題した研修会を開催しています。

当日のレポートはHPでご覧いただけます。
「第15回 大成食品七夕の集い」レポート

今回の特別講演は薬師寺の大谷徹奘師にお願いしました。

鳥居代表の「心友」にして心の師というご縁から、七夕の集いは第1回に登壇。
以来、今年で8度目の法話会となります。

大谷師「心はからだのどこにある? 
せーの、で指さしてみて(^^)b」

という問いから始まった法話は約50分間。

全国法話行脚で訪れた施設で、街で、大谷師が遭遇した出来事は、
心のなりたちや心の(のぞましい、しあわせになれる)用い方を
教えてくれました。

人生の終焉をいつどこで迎えるかは、わからないものの、
誰しも「こうありたい」「ああはなりたくない」最期があります。
人生は、日々の心の積み重ね。
たった今からできることがたくさんありますね…。

※悲喜こもごものエピソードは、ぜひ大谷師の法話会で直接お聞きください! 
その際、ハンカチをお忘れなく。笑っても涙が出ます♪(^^)

大谷師の法話会は全国各地で開かれています。
(スケジュールは薬師寺の大谷徹奘師公式サイトをご参照ください)


今回は日頃、各部署で奮闘している社員、スタッフの子供たちも大勢出席していました。
その多くが乳幼児、小学生。

大谷師が心は経験と価値観でできている、として
「砂糖の入った甘い卵焼き」vs.「関西のだし巻卵」
「酢豚にパイナップルはありか、なしか」
など、具体的でわかりやすい例をあげてくださったおかげでしょう。

終盤のサイン会には子供たちも列に並んでいました。

色紙にひとりひとりの顔を見て、話しかけては、
ひとりひとり違う心が求める、刺さる言葉を書いてくださいました。

※動画はHPに公開したもののロングバージョンです。
ちなみに徹奘師の書は、大成食品の社屋や1Fの楽麦舎のあちこちに飾られています。
おなじみの「製麺技能士 鳥居憲夫 謹製」の看板も大谷師が揮毫してくださったものです。



関連記事
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tokyoramen.blog45.fc2.com/tb.php/743-e4897230
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリー

麺彩房・本店

麺彩房・五反田店


麦家(成田)

鳥居式らーめん塾

大成食品スタッフ日記

大成食品ニュース


プロフィール

製麺とラーメン店開業支援、運営支援のエキスパート 大成食品株式会社@東京都中野区

Author:製麺とラーメン店開業支援、運営支援のエキスパート 大成食品株式会社@東京都中野区


大正6年創業! 東京中野の老舗製麺会社大成食品株式会社スタッフによるブログ。
直営店の「麺彩房中野本店」「上海麺館」からは、お店発のホットな情報を。「楽麦舎」「大成麺市場」「麺テイスティング・カフェショップ MENSTA」からは製麺技能士謹製麺の直売のご案内を。開業支援、運営支援事業部からは、ラーメン店開業を目指す方を細やかに指導する「鳥居式らーめん塾」、ラーメン店主様対象の商品開発研究会「“麺”夢塾」のご案内など、各担当発の情報やお取引先ラーメン店の話題を幅広くお届けします。


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索